誰にも言えない悩み

  • 彼氏がいないと生きていけない
  • 自分一人では生きていく自信がない

こんな感情があるなら、彼氏への依存度が高すぎる。

もっと自分に自信を持つ生き方を身につけよう。

今回の記事では、彼氏に依存しない方法と依存する人の特徴をご紹介します。

彼氏に依存するデメリット

彼氏に依存するデメリット

スマートフォンに依存する人も増えています。

依存というのは、さまざまなデメリットがあります。

依存恋愛とは

依存恋愛とは

依存恋愛とは、自分の日常よりも相手を第一に優先してしまう状態。

恋愛依存の特徴

恋愛依存の特徴

  • 相手に固執してしまう
  • 常に相手を第一に行動してしまう

こんな状態が続いているなら、要注意。

依存するデメリット

依存するデメリット

  • 彼の存在以外は目に入らなくなってしまう
  • 周囲との人間関係が崩壊しても彼さえいればいいとなってしまう

深みにはまっててしまうと、抜け出せなくなる可能性もあります。

 

彼氏に依存しない方法

彼氏に依存しない方法

彼氏への依存をやめたい。

こう思ったら何をすればいいのかをご紹介します。

スマホを手放す

スマホを手放す

依存するのは、簡単に連絡を取る手段があるから。

つまり、簡単に連絡を取ることができない状態をつくることも大切です。

簡単なのは、以下の方法。

SNS(LINE、Facebook)の連絡先を削除する。

さらに、連絡手段を電話とSNSのみにする。

なぜこの方法が有効なのか?

連絡を取りたくなるのは、連絡ができる方法があるから。

ひと昔前なら、携帯もなかった。

つまり、相手に連絡をする方法は、相手の自宅に電話をするしか方法が無かった時代があります。

この時代には依存という人は今よりは少なかった。

その理由は、そこまでして相手と連絡を取り合うことではないと自己完結できるようにしていたから。

まずは連絡ができるという環境から離れることが重要です。

自分を知る

自分を知る

あなたは恋愛相談をした時、こんな質問をされたことはありませんか?

「○○は、どうしたいの?」

この答えに、あなたは自分の事よりも「相手が望むことをしてあげたい」と答えていたのでは?

これは間違いです。

大事なのは、その時、自分が何をしたかったのか?

  • どうして自分の本心を隠すのか?
  • 傷ついた自分を見て見ぬふりをしたのか?

この答えは、嫌われたくないからではない。

もっと深い部分の本当の自分を知ることが大切なんです。

嫌なことがあったら感情を表に出す

嫌なことがあったら感情を表に出す

彼氏だけでなく、あなたは同性の友達の前でも自分を演じていませんか?

  • 嫌われたくない
  • 仲間外れになるのが怖い
  • 自分だけ一人になることが怖い

その積み重ねが今です。

ひとりで嫌なことを解消する方法として、おすすめは自分をさらけ出す方法をおすすめします。

具体的には、嫌なことがあったら、全てノートに直筆で書き込みましょう。

  • 日時
  • 相手の名前
  • 具体的な出来事
  • 何が嫌だったのか?

このメモをするという行動は、心理学用語で「思考の外在化」といいます。

「書く」ということは、まさに思考を外在化させること。

その結果、自分の抱えている問題や欲求、さらに「本当の思い」を客観視することができるようになります。

 

恋愛依存しやすい女性の特徴

恋愛依存しやすい女性の特徴

どんな人が恋愛依存をしやすいのか?

メンヘラになりやすい人

メンヘラになりやすい人

メンヘラとは、以下のような特徴があります。

  • マイナス思考
  • 極度の寂しがり屋
  • 感情の起伏が激しい
  • 依存度が高い

自分を満たすために他人を必要とする。

自分の存在意義を見出すために誰かに近づく。

つまり、自分一人では何もできないのです。

恋愛依存症

恋愛依存の特徴

恋愛依存症とは、すべてにおいて恋愛を中心に生きている人のこと。

自分の恋愛観に合う人を求めるため、恋愛依存症の人に惹かれるのです。

自分や他人を傷つけやすい

自分を傷つける人の中には、自傷行為をする人もいます。

他人を傷つけやすい人は、自分本位な考え方から、他人に迷惑をかけるのです。

承認欲求が強い

承認欲求が強い

承認欲求とは、相手に認めてもらいたい願望のこと。

他人に認められることでしか自分の価値を認識することができません。

パートナーに尽くすことで愛されている実感を得る。というのが特徴でうs。

強い不安感

強い不安感

  • 自信がない
  • 嫌われらたどうしよう
  • 浮気をしたらどうしよう
  • フラれたらどうしよう

常に、根拠もないのに、ネガティブに考える。

不安を取り除くために恋愛相手を束縛するのです。

不安になる根本的な原因は、過去の恋愛の辛い経験がきっかけになっていることが多いです。

つまり、その時の自分のショックがずっと続いている状態なのです。

 

彼に依存しない生き方のメリット

彼に依存しない生き方のメリット

もしあなたが彼氏に依存しない状態になったらどんな人生になるのかをご紹介します。

対等な立場で恋愛ができる

対等な立場で恋愛ができる

  • 重たい
  • めんどくさい

こんな言葉を浴びせられた過去を持つ人は、その不安から解放されます。

対等な立場とは、自立した人間になること。

他人に頼らなくても生き生きしている。

これは、恋愛だけでなく、周囲の人間との関係性も変わります。

自分の世界観が広がる

自分の世界観が広がる

彼氏の事しか考えられないという人は多い。

好きな人ができると勉強に集中できない理由や対処法

でも依存しない人生になると、全く違う。

彼氏がいない時間には、違う人といろいろな話ができる。

意見交換や情報交換が楽しくなる。

つまり、人生の視野が広がるのです。

 

相手に尽くすことが恋愛ではない

相手に尽くすことが恋愛ではない

彼氏に依存しているかも!と思ったら、この言葉を思い出してほしい。

「愛される人間になる」

「好きな人に利用される人間に戻りたくない」

こう自分に言い聞かせることができれば、自分の中で思いとどまることができるはずです。

恋愛は、一人ではできません。

でも相手が傍にいる理由は?

この答えは、相手に認められるためではなく、ありのままの自分を受け止めてくれる人であるべきです。

失恋後毎日寂しい時の相談相手の探し方【トラブル注意点】

アドバイザーパンダのLINEQRコード

パンダQRコード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント: 0

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP